「HACCP」導入支援
一般食品企業の衛生管理を徹底ご支援します

食品衛生法の改正案が正式に決定しました。
中小規模の食品事業者へのHACCP導入を全力で支援します。一般衛生管理の徹底など、十分な知識と管理体制をご指導します。何よりも基本的な衛生管理である「食品衛生5S(7S)の整理・整頓・清掃・清潔・(洗浄・殺菌)教育(しつけ)を基本に「実践的な食中毒予防方法」など解り易くご指導します。HACCP(ハサップ) は安全と利益を両立させる!

衛生的で、美味しく、安全な食品をお客様へご提供することが大切な基本です。
取得支援・現場改善マニュアル作成、従業員指導、販路の拡大 企業沿革・実績

衛生管理について「食のご提案」「一般衛生管理の徹底」

業務用厨房6月7日(木)第196回通常国会の衆議院本会議で全会一致で可決され、「HACCP制度化」を含む食品衛生法の改正が正式に決定しました。国内全ての食品等事業者対して、HACCPの導入が求められる事なります。(規模、業種によっては弾力的な運用が可能です。)昨今大きな問題となっている衛生管理について「食のご提案」という切り口から、現場に精通している強みを生かし、現場発の改善へと支援します。 衛生的で、美味しく、安全な食品をお客様へご提供することが大切な 基本です。


●「安全な食品の提供」の必要性 近年、食生活の多様化、食品流通の広域化、国民の健康志向の高まり等により、食品をめぐる様々な問題が生じています。食品に対する意識は変化し、食品の安全に加えて安心が求められる時代です。食品の安全性に対する信頼が失われたら、企業の存続は厳しいです。
大、小の食中毒事故、虚偽表示問題など、原因追求の迅速性と正確さを備えた対応が求められ「食の安全対策」が急務とされています。 市場から、客先から「食中毒の未然防止」と「再発防止」が求められています。 あなたの企業は大丈夫ですか?


●一般衛生管理の徹底
何よりも基本的な衛生管理である「食品衛生5S(7S)の整理・整頓・清掃・清潔・(洗浄・殺菌)教育(しつけ)を基本に「実践的な食中毒予防方法」など解り易くご指導します。全従業員(パートも含め)改善活動に参画できるシステムや全員が前を向いて仕事に取り組む環境を作り上げ、「衛生教育・人材育成」や「食品安全確保のためのシステムつくり」等をご支援します。
最も重要な要素は、そこに携わる人たちの『意識の向上』をさせることが大切なポイントです。

食品の衛生を理解した上で、業務を実践し、常に安全で、安心な食のご提供が維持されることによって「お客様の信頼」を得られることだと確信しています。 仕事に生きがいを持たせ、創意工夫が報われる会社になれば、その成果が顧客満足度向上と企業の信頼関係につながり、経営効率も上がります。 「決められたことを守る」という当たり前のことを当たり前に行える組織を作ることで今後の様々な管理改善活動を着実に推進する組織体質を確立することができます。  

食品安全システム(前提条件プログラムとHACCPプログラム)の構築 お客様への安全で安心な食の提供のためにHACCPに基づいた衛生指導を行います。 食品安全のためのマネジメントシステムを構築し、実施する際に、商品に不具合がなかったかなどの検証を行い、お客様からのクレームに対して確認と原因調査のための記録を残すことが重要です。

業務中、記録を残すことは、かなりの負担ですが、作業に関連がないと考えたり、特にマンネリ化により不正確や虚偽の記載となる事例がありますが、それでは、記録の意味がありません。記録は、従業員(自分たち)の身分を保証する為のものでもあります。 お客様の生命と財産をお守りするために、衛生管理専門パートナーとプロジェクトを作り 最大限のご支援をさせて頂きます。 ご相談・お見積は無料です。どうぞお気軽にご相談ください。


各種セミナーなど、ご相談は
E-mail にてお問合せ下さい。


大坪晏子の一言

老舗日本旅館「日本の文化でもあり、地域の基幹産業でもある温泉旅館・ホテル」の衛生管理 手強いノロウイルス! 目に見えない菌と戦っています・・・対応強化が旅館・ホテルにとって急務です。

食中毒事故が発生した旅館・ホテルは社会的責任が問われます。 食中毒の発生は、そこに至るまでのプロセス、そして許してしまった風土があります。 厨房の状況やその原因となったものは、従業員の方が普段利用されている施設を拝見するだけで感じます。 旅館・ホテルは常日頃から厨房などの施設内の衛生上の安全管理に十分な注意を払う必要があり、事故発生時には感染の広がりを抑え被害をできる限り小さくするために個々の施設が必要な準備を進めておくことが重要です。

旅館・ホテルの従業員が職務(おもてなしなど、快適な宿泊)を遂行する上で、必要な衛生管理の知識を持ち、自主的な衛生管理の確立と衛生水準の向上を図ることが必要です。このような状況のもと、消費者、特に児童、病弱者、高齢者などに対して、安全・安心な調理食品を提供することは当然ですが、現場における問題点の再点検が今求められます。 旅館・飲食店のコンサルティングの実績があり、旅館・ホテルのHACCPを基本とした衛生指導やセミナーを開催し、今まで培ってきたノウハウと最新の手法を併せ、旅館に特化した「衛生管理」導入を支援します。


① 多くの旅館・ホテルは中小企業規模が多く、経営体質の改善・変革に抵抗感があり、分かっていても変えられないという現状もあります。

② それぞれの温泉旅館・ホテルの価値を決めるのは、従業員一人一人の意識 です。

③ 経営者や一握りの管理者の力だけでは成し遂げられません。

④ 逆に従業員に努力ばかり求めても、長くは続きません。

⑤ 待ったなしの状況のなか、まずすべきは現状の棚卸です。

⑥ 散発的に繰り出す指示命令は点としかなりません。 弊社では、経営者・従業員一体となり、 意識改革、組織編成、業務 、オペレーション改善のご提案をします。


 客観的な視線で自らの状況を働く皆さんが同じ目線で捉え、どう解決していくかを 共有すべきであると考えます。 『○○で働いていることが幸せだ』そんな想いを共有できる環境をつくり、その上で皆さんと一緒に、半年後、○年後に振り返ったときに皆さんが本気で登りきった目標から見える景色をきちんと設定した改革をご提案します。 現状を理解したうえで、適切な衛生管理体制構築手法をお伝えし、組織全体の活性化をご支援します。衛生管理の取り組みは、ただ食中毒を予防するだけではなく、その他のすべての管理改善活動を着実に推進する組織体質を確立し、従業員の自主性を向上させ、良好なチームワークを作ることを目的とします。 義務としてやるのではなく、企業発展と業績向上のため最優先事項として取り組んでいきましょう。

お問合せフォーム

to Top ▲